− 商品紹介/木・石・金属 −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: M-151
商品名: オルメカの石斧(せきふ)
価格: 40,000円

メキシコ ・ オルメカ文化 ・ 紀元前6世紀 ・ 石器
長さ12.5cm 幅6.1cm

「豊穣」を象徴するオルメカの磨製石斧。トウモロコシの実を表したとされるフォルムには、完成された美しさがある。このような石斧は実用品というより、湖や川などの水源の近くに、農耕儀礼に伴って埋納されていることが多い。 
商品番号: KC-049
商品名: 木の人物像
価格: Sold

ペルー ・ イカ文化 ・ 12世紀 ・ 木製品
高15cm(本体) 17cm(展示台込)

古代中南米は様々な種類の土偶の宝庫だが、木偶は少ない。土中で朽ちてしまうものも多いだろう。この作品も、かなり浸食が進んでいるが、時代を経ることによって、人の気配を濃く宿したかに見える。ペルー南部のワリ〜イカ文化のもの。 
商品番号: OC-082
商品名: ジャガー文様の石臼
価格: Sold

ペルー ・ チャビン文化 ・ 紀元前6世紀 ・ 石製品
高9.5cm 径8cm

滑らかな質の良い貴石で作られた小ぶりの石臼。抽象化されたジャガー神の刻文様が全面に施されている。古代アンデス工芸の発祥はこのような石製品だった。この石臼は、おそらく儀式用として薬草などをすり潰すのに用いられたのだろう。
 
商品番号: JC-111
商品名: ウミギク貝の首飾り
価格: 30,000円

ペルー ・ シカン文化 ・ 10世紀 ・ 貝製品
周の長さ45.5cm 中央の飾り5.5cm

ペルーより北のエクアドル沖で採取される、美しい赤い色のウミギク貝は、古代アンデスの重要な宝物であり交易品だった。権力の象徴として、また原始貨幣としての役割もあった。貝殻そのままで、またアクセサリーに加工されて珍重された。 
商品番号: HD-059
商品名: 樹皮紙を作るたたき石
価格: Sold

グアテマラ ・ マヤ文化 ・ 7世紀 ・ 石製品
長さ7.5cm 幅5.2cm 厚さ3.1cm

石の道具だが、考古学的には稀少な遺物。マヤ文明では、この石で樹皮をたたいて紙を作り、色鮮やかな絵文書を作成した。しかしそのほとんどは焚書にあい、残っていない。黒い石にヘアラインのように彫られた溝の配列が美しい。 
商品番号: HA-049
商品名: 青銅の留めピン
価格: 15,000円

ペルー ・ チムー文化 ・ 12世紀 ・ 青銅製品
長さ10.9cm 円盤部幅2.4cm

「トゥプ(トゥポ)」と呼ばれるアンデス伝統の装身具。上衣の肩掛けを胸の前で合わせてとめる、留めピン。お守りの意味もあった。頭の部分の、穴のあいた円盤形のデザインは、最も古くからあるオーソドックスな美しい形。
 
商品番号: Q-214
商品名: 石の棍棒頭
価格: 40,000円

ペルー ・ インカ文化 ・ 15世紀 ・ 石製品
幅10.5cm 厚さ4.5cm

アンデス文明で戦闘に用いられた棍棒頭。こん棒は、加工した石の穴に棒を差し込んだ素朴な武器。また、儀礼用の際に貴人の持つ祭具としても作られ、それらは星形をはじめ美しい形に成形された。突起の一カ所に古い自然な欠け。 
商品番号: QC-051
商品名: 青銅のミニチュア壺
価格: Sold

ペルー ・ シカン文化 ・ 10世紀 ・ 青銅製品
高3.5cm / 2.2cm 展示用のリング付

かわいらしい青銅のミニチュア壺2点。シカン文化は金属工芸を得意としたが、奉納品として、こうしたミニチュアも作られた。斜めに突き出た二つの注口に、橋の掛かった特徴的な形は、大型の土器(儀礼用の酒器)と同じものだ。
 
商品番号: H-148
商品名: メスカラの石偶
価格: 50,000円

メキシコ ・ メスカラ文化 ・ 紀元前2世紀 ・ 石製品
高10cm(本体) 13.5cm(展示台込)

メキシコ西部のメスカラからは、かなり古い時代の石の偶像が出土する。しかしその詳細ははっきりしない。砂や紐を使って凹凸を削り出したといわれ、単純化された人物像を造形している。その芸術性から、収集家に人気がある。
商品番号: Q-176
商品名: 鳥形の青銅板
価格: 2点 40,000円

ペルー ・ シカン文化 ・ 10世紀 ・ 青銅製品
大 10.3×7.4cm(展示台付) 小 6.4×2.2cm

青銅板のお守り2点。大きい方は、ユーモラスな水鳥の形。小さい方は、日本の勾玉に似た形。いずれも儀礼に関連した道具/装飾品だろう。表面に布の繊維が付着している。シカンは金属加工技術に秀で、様々な金属製品が出土する。
 
商品番号: CC-081
商品名: ドミニカの石偶
価格: Sold

ドミニカ共和国 ・ タイノ文化 ・ 10世紀 ・ 石製品
高6.5cm(本体) 8.5cm(展示台込)

非常に珍しいカリブ海・ドミニカ共和国の石偶。このような石のお守りは「セミ」と呼ばれ、収穫、天候、出産、鎮魂などに関係した。タイノ文化は、南米大陸から島に移住した人たちによる文化で、プリミティブな力強さがある。 

商品番号: PM-009
商品名: 木のスプーン
価格: 25,000円

ペルー ・ チャンカイ文化 ・ 12世紀 ・ 木製品
長さ18cm 幅5.8cm

珍しいチャンカイ文化の木製のスプーン。一木を削り出し、柄の先を装飾的に削っている。スプーンは、人の考え出す物として、世界共通の道具といえるだろう。アンデスでは、まれにだが、金属製や土器製のスプーンも発見される。
 

商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法