− 商品紹介/土器 (1) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: E-029
商品名: シカン神と果実の壺
価格: Sold

ペルー ・ シカン文化 ・ 10世紀 ・ 土器
高18.3cm 幅17cm

複雑で美事な造形のシカンの壺。四つの果実を連結し、正面にシカン神の立像を置き、後部に高い注口を設けた。それぞれの内部は中空で通じており、また神像は笛の構造をもち、注口から吹くと高い澄んだ音がする。特別な儀礼用だろう。 
商品番号: KC-095
商品名: アステカの印章 二点
価格: Sold

メキシコ ・ アステカ文化 ・ 15世紀 ・ 土器
印面8×4.7cm/5.8×3.2cm 額15.5×20.5cm

遺跡の壁面レリーフのような、謎めいたデザイン。二点とも複雑に入り組んだ幾何学的な文様だが、上の作品は直線的、下のものは曲線を描いている。古代中南米の印章は、顔や身体などの皮膚に刺青のように押印したといわれる。
 
商品番号: L-153
商品名: コリマの土偶
価格: Sold

メキシコ ・ コリマ文化 ・ 5世紀 ・ 土偶
高13.5cm(本体) 16cm(展示台込)

メキシコ西部地方出土の土偶。この地域のナヤリ、ハリスコ、コリマなどは、豊かな表現のさまざまな土偶で知られる。この作品は、頭や首や肩に装飾を付けた女性の立像。きれいなプロポーションで、全身が残っている。 
商品番号: E-025
商品名: ジャガーの壺
価格: 180,000円

ペルー ・ ビクス文化 ・ 紀元前1世紀 ・ 土器
高21cm 前後幅22cm

ペルー北部のビクス文化は、非常にプリミティブで力強い造形の土器を残した。野性的だがどことなくユーモラス。この作品は、口を開き牙をむきだしたジャガー形の壺。頭部に笛の構造をもち、後ろの注口から吹くときれいな音がする。 
商品番号: E-102
商品名: 紡錘車の首飾り
価格: 40,000円

エクアドル ・ マンテーニョ文化 ・ 10世紀 ・ 土器
周の長さ57cm 球の径1.6〜2.2cm

紡錘車は、糸紡ぎ用の棒に付ける重りの部分。綿や動物の毛を糸にする道具。この作品は、大きい紡錘車を集めて、一連の首飾りにしてある。金属のパーツや紐は現代のものだ。紡錘車を使った首飾りは、昔からあったようだ。
 
商品番号: PC-085
商品名: チャンカイの土偶
価格: Sold

ペルー ・ チャンカイ文化 ・ 12世紀 ・ 土偶
高18.8cm 幅12cm 自立するが傾く 展示台付き

しゃれたデザインの頭帯を巻き、黒い服を着て、両手を広げた、かわいらしい人物。チャンカイ文化によく見られる土偶のポーズだ。白地に黒の顔料で、様々な意匠が施される。目の周りの化粧文様は‘鳥’を表していると言われる。
商品番号: Q-195
商品名: シエナガの柄付き壺
価格: 40,000円

アルゼンチン ・ シエナガ文化 ・ 紀元前1世紀
土器  高14cm 幅12.5cm

アンデス文明周縁部の作品。アルゼンチン北西部の山岳地帯には、素朴だが独特の先史美術があった。アンデスの民と東方の平原の住民との相互作用のなかで育まれたといわれる。水差し型の柄の付いた壺が多く見られる。
 
商品番号: P-144
商品名: ハリスコの土偶
価格: Sold

メキシコ ・ ハリスコ文化 ・ 5世紀 ・ 土偶
高13.9cm 幅7.2cm

ハリスコ出土の土偶だが、通常と異なるやや独特の風貌をしている。頭が大きく、目や口を省略している。また、自立するように脚の後ろに支えがある。子供のようでかわいらしい。こうしたスタイルの造形を好む集団があったのだろうか。 
商品番号: NC-025
商品名: あし舟形の壺
価格: 120,000円

ペルー ・ モチェ文化 ・ 5世紀 ・ 土器
高19.3cm 幅16.7cm

たいへん状態の良いあぶみ型の研磨土器。茶とクリーム色のシャープなデザインだが、モチェの壺はほとんどが具象的な造形である。この作品はおそらくアンデス地域のあし舟(トトラという植物の茎を束ねて作る)を表現したものだろう。 
商品番号: XE-006
商品名: パラカスの鉢
価格: Sold

ペルー ・ パラカス文化 ・ 紀元前4世紀 ・ 土器
径21.5cm 高8cm

パラカスはペルー南部のナスカ以前の文化で、北のチャビン文化に並ぶアンデス文明の古層だ。土器は、刻線を伴う加彩(焼成後の彩色)文様に特色がある。この作品は、巧みにデザイン化された鳥に、美しい赤色がよく残っている。
 
商品番号: HO-050
商品名: 人物の付いた三連壺
価格: 180,000円

ペルー ・ サリナール文化 ・ 紀元前3世紀 ・ 土器
高16.4cm 前後幅13.8cm

サリナールは、アンデス文明の母チャビン文化と、繁栄を誇ったモチェ文化の間をつなぐ、小さいが独創性のある文化だ。この作品は、ヒョウタンや果実形の壺を3つ連結し、人物の頭部を付けた、非常に複雑な構成を持つ。 
商品番号: KC-034
商品名: ミシュテカの三脚壺
価格: Sold

メキシコ ・ ミシュテカ文化 ・ 12世紀 ・ 土器
高12.5cm 幅10.5cm

ミシュテカはメキシコ中部の山岳地帯の文化で、「雲の上の人の国」という意味。高い文化を誇ったが、大きな勢力ではなく、その遺物は少ない。この作品は、幾つかに割れたものを継いである。また、古いラベルが貼ってある。
 

土器 (1) (2) 


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法