− 商品紹介/土器 (1) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: E-102
商品名: 紡錘車の首飾り
価格: 45,000円

エクアドル ・ マンテーニョ文化 ・ 10世紀 ・ 土器
周の長さ57cm 球の径1.6〜2.2cm

紡錘車は、糸紡ぎ用の棒に付けるコマ(重り)の部分。綿や動物の毛を糸にする道具。この作品は、大きい紡錘車を集めて、一連の首飾りにしてある。金属のパーツや紐は現代のものだ。細い刻線文様を描くのは、マンテーニョ文化の特徴。
商品番号: L-162
商品名: 白い線文様の碗
価格: 35,000円

ペルー ・ ナスカ文化 ・ 5世紀 ・ 土器
径15cm 高6cm 縁に1ヶ所小さな欠け

やや平たいナスカの碗。縁に黒い線を引き、褐色の帯状の地に、白色の2本線を間隔をあけて配置している(地上絵の線を思わせる)。シンプルだが、形にも配色にも、ナスカ文化らしい洗練が見られる。底が丸いので、木製の展示台を添付。 
商品番号: KD-058
商品名: トカゲの土偶
価格: Sold

ペルー ・ モチェ文化 ・ 5世紀 ・ 土偶
高6.6cm 背中の部分が欠損

擬人化したトカゲを造形した珍しい土偶。風呂敷包みのようなものを背負って片手でおさえ、もう一方の手にも袋か壺をぶら提げているようだ。顔やしっぽはわりあいリアルに出来ている。背中の欠損部には、注口があったのかもしれない。 
商品番号: KO-013
商品名: 花文様の三足碗
価格: Sold

エルサルバドル ・ マヤ文化 ・ 7世紀以前 ・ 土器
径17.5cm 高8.3cm ヒビを補修してある

中米エルサルバドルの、高地マヤの土器。ウスルタン式と呼ばれるネガティブ技法(ロウケツ染め)による、美しい色彩の花形文様やストライプで飾られている。底部にも、ロウ抜きによる円弧模様が見られる。マヤらしいフォルムもきれいだ。
商品番号: G-004
商品名: エクアドルの土偶
価格: Sold

エクアドル ・ マチャリージャ文化 ・ 紀元前1500年
土偶  高6.8cm(本体) 9.8cm(展示台込)

アンデス文明黎明期の、非常にプリミティブな土偶。シンプルな造形に刻線を施して、人物を表現している。細い目と口、丸い鼻−−独特のやさしい表情をしている。エクアドルは、中南米全体で最も早く土器生産のはじまった地域だ。 
商品番号: QC-021
商品名: チャビンのあぶみ型壺
価格: Sold

ペルー ・ チャビン文化 ・ 紀元前6世紀 ・ 土器
高23.5cm 幅15.5cm 注口の一部に補修の可能性

アンデス文明の母文化といわれる、チャビンの土器。あぶみ型と呼ばれる特徴的な注口をもつ。この作品は、胴部を研磨せずに、櫛のようなもので細かい突起文様を施している。堂々と張った器体と太いあぶみは、チャビン土器の典型といえる。 
商品番号: KY-038
商品名: マヤの三足碗
価格: 45,000円

グアテマラ ・ マヤ文化 ・ 7世紀 ・ 土器
径14.5cm 高8.1cm

マヤ文化のシンプルな碗。縁が少し反って広がり、小さな三足と、側面上下と中央のラインがアクセントになっている。マヤ独特のオレンジがかった美しい色をしている。状態は良く、おとし(小さな容器)を入れて花を生けられそうな形状だ。 
商品番号: E-033
商品名: 犬の象形壺
価格: Sold

ペルー ・ シカン文化 ・ 10世紀 ・ 土器
高10cm 幅14cm 注口に古い自然な欠け

シカン文化中期の黒色単頸壺。背中を丸めた犬の姿が、リアルにまた大胆に、象形されている。この犬はヘアレスドッグ(無毛犬)と呼ばれ、人に飼育された。食用にもされ、また死後も飼い主に仕えたともいわれる。注口には波頭文様がある。
 
商品番号: KC-033
商品名: 舌を出した人面土器
価格: Sold

メキシコ ・ アステカ文化 ・ 15世紀 ・ 土器
高14cm 幅12.3cm(本体) 高17.3cm(展示台込)

帽子(冠)を被った人面の土器。おそらく大型の香炉か壺に付いていたものだろう。アステカの人物(神像)は口を開いているものが多いが、この作品は、さらに舌を出しており、その表情が面白い。自然の再生の神「シベ神」かもしれない。
 
商品番号: KC-028
商品名: マヤの印章
価格: 2点 28,000円

グアテマラ ・ マヤ文化 ・ 7世紀 ・ 土器
印面 4.2×2.8cm/4.2×2.4cm

マヤにはさまざまなデザインの印章があるが、この2点の作品は、最も基本的な幾何学文様のもの。マヤ文字と同じく、それぞれに意味を持っているのだろう。このようなスタンプで、顔や身体などの皮膚に刺青のように押印したといわれている。 
商品番号: KC-023
商品名: 盛装した人物の土偶
価格: Sold

グアテマラ ・ マヤ文化 ・ 7世紀 ・ 土偶
高10cm 幅7.5cm(本体) 高11.7cm(展示台込)

大きな冠を被り、たくさんの装身具で身を飾った人物。両腕を脇に上げ、帯状のものを握って胸の前に捧げ持っている。高位の人物による、儀礼行為の一場面だろうか。石彫に見られるような複雑な造形だ。欠けているが背中には笛の構造がある。 
商品番号: HD-004
商品名: コリマの土偶
価格: 60,000円

メキシコ ・ コリマ文化 ・ 5世紀 ・ 土偶
高15cm(本体) 18cm(展示台込)

メキシコ西部出土の土偶。この地域のナヤリ、ハリスコ、コリマなどは、豊かな表現のさまざまな土偶で知られる。この作品は、ターバンを巻き耳飾りや首飾りを付けた女性の立像。コーヒー豆のような目が特徴的。全身が欠損なく残っている。
 

土器 (1) (2) 


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法