− 商品紹介/中南米以外 (1) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: Z-014
商品名: ソンゲ族のマスク
価格: 50,000円 (商談中)

アフリカ ・ コンゴ ・ ソンゲ族 ・ 木製品
高21.5cm 幅12.5cm

コンゴ(旧ザイール)のソンゲ族のダイナミックな造形。平面的な作りではなく、アフリカ美術独特の抽象化された立体的な表現が感じられる。ソンゲのマスクは、口を尖らせた表情が多いが、この作品は嘴を持つ鳥の顔をしている。
 
商品番号: C-057
商品名: ルリスタンの剣
価格: Sold

イラン ・ ルリスタン ・ 紀元前1000年 ・ 青銅製品
長さ21.6cm

紀元前2000年頃から、イラン西部の山岳地帯ルリスタンを占拠した騎馬民族は、独特の青銅器文化を発達させた。遊牧の民らしく、小形で携帯できるものが多く、馬具や槍剣などの製作に秀でた。この短剣も、刃の微妙なカーブが美しい。 
商品番号: C-083
商品名: 酒杯を持つ西域人物
価格: Sold

パキスタン ・ クシャーナ朝 ・ 2世紀 ・ 土偶
高7.4cm

ターバンを巻き、酒杯を手にした西域風人物の土偶。イラン系民族によるクシャーナ朝は、1〜3世紀にアフガニスタンからインド北西部にかけてを支配した。このような人物土偶には、アジアの古い伝統にギリシア的要素が加味されている。 
商品番号: LC-028
商品名: ローマ時代の壺
価格: 18,000円

ローマ時代 ・ 1〜3世紀 ・ テラコッタ製
高9cm 幅6.6cm

ローマ領内から発掘された素焼きの小壺。油か水を入れたものだろう。低い高台の上のふっくらとした器体と、上に広がった注口のバランスがよく、実質的で洗練された形だ。発掘されたままの状態で土が付いている。 
商品番号: OD-299
商品名: マウリヤ朝の土偶
価格: 25,000円

パキスタン ・ マウリヤ朝 ・ 紀元前3世紀 ・ 土偶
高5.9cm(本体) 7.9cm(展示台込)

北インドからパキスタンに遺跡のあるマウリヤ朝時代の土偶。紀元前3000年紀に栄えたインダス文明の土偶信仰は、その後も民間の中で生き続け、この地域でさまざまな偶像が作られた。眼の形が日本の遮光器土偶を思わせる。
 
商品番号: C-046
商品名: コブ牛の銀貨
価格: 15,000円

アフガニスタン ・ ヒンドゥ・シャーヒー朝 ・ 10世紀
銀貨 径1.9cm  展示ケース6×6cm

アフガニスタンのカブール一帯を短期間支配した、インド系王朝の銀貨。聖なるコブ牛と文字が、すぐれたデザインで表現されている。裏面には、旗を掲げ馬に乗った騎士が、格調高く描かれている。美術品として楽しめるコインだ。
 
商品番号: K-120
商品名: エジプトの装飾コーン
価格: Sold

エジプト ・ 新王国時代 ・ 紀元前1500〜1100年
テラコッタ製 径7.2cm 長さ9.2cm

「墓軒装飾コーン」「ヒューネラル・コーン」などと呼ばれる、古代エジプトの墓の正面入口に飾られた墓碑。ヒエログリフ(古代文字)で、名前や職種などが記されている。丸い形は、藁屋根の軒先の端を形式化したものといわれる。 
商品番号: H-106
商品名: ガラスの腕輪
価格: 40,000円

シリア ・ 前1〜後8世紀 ・ ガラス製品
径8.4cm

古代オリエントでは、紀元前からガラスの装身具が作られていた。このブレスレットは、シリア出土のローマ/東ローマ期の作品。メソポタミア時代から伝えられた製法で作られている。濃い黒のガラスで、美しい銀化が見られる。
商品番号: C-050
商品名: ファイアンスのウジャト
価格: Sold

エジプト ・ 末期王朝時代 ・ 紀元前6世紀
ファイアンス製 2.1×1.4cm(本体) 5.5×5.5cm(箱)

「ウジャト」と呼ばれる古代エジプトのお守り。ホルス神の眼を表しており、完璧な状態または治癒を意味する。横向きに穴が通っていて、指輪や首飾りになった。素材のファイアンスは、石英の粉末を固めて焼いたもの。 
商品番号: X-109
商品名: インダスのコブ牛
価格: Sold

インダス文明 ・ 紀元前3000〜2000年 ・ 土偶
高5.5cm 長さ7.5cm 頭部などに古い自然な欠け

コブ牛は、インダス文明の動物土偶を代表するモチーフだ。古代から現代に至るまで、重要な、そして神聖な家畜である。この作品は、シンプルな造形だが、その表情をよくとらえ、背中の大きなコブを強調している。 
商品番号: J-199
商品名: ペルシャのオイルランプ
価格: Sold

イラン ・ 14世紀 ・ 陶器
長さ9.2cm 高4.7cm

ペルシャ陶器のオイルランプ。油の注ぎ口と灯芯を出す火口がある。淡い緑色の釉薬が掛かり、縁にわずかに装飾的なひだがあるだけの、野趣を感じさせる作り。このような簡素なランプは、庶民の家で使われたという。
商品番号: O-406
商品名: インダスの女性土偶
価格: Sold

インダス文明 ・ 紀元前3000〜2000年 ・ 土偶
高5cm(本体) 7.2cm(展示台込)

インダス文明の地母神像の頭部。丸い目と長く整えられた髪、首回りの飾りなどの特徴を備え、豊饒の女神を造形している。インダスを代表する土偶だ。パキスタンのメヘルガル出土。白いきめの細かい土で焼かれている。

中南米以外
 (1) (2) (3) 


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法