− 商品紹介/土器 (2) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: ON-015
商品名: サルの土偶
価格: 2点 25,000円

グァテマラ ・ マヤ文化 ・ 7世紀 ・ 土偶
高6.7cm/6.2cm

擬人化されたサルだろう。一方は足をのばし、他方はしゃがみこんでいる。同じ場所で作られたようで、雄と雌のペアかもしれない。マヤの土偶は、多くは土笛の構造をもつ。この作品も、中空の作りで、後部に吹き口の穴が開いている。
  
商品番号: O-276
商品名: バルディビアの土偶
価格: Sold

エクアドル ・ バルディビア文化 ・ 紀元前2500年
土偶 ・ 高4.4cm(本体) 6.9cm(展示台込)

南米エクアドルのバルディビア文化は、中南米最古の土器製作で知られ、日本の縄文との関連も研究されている。豊かな髪の女性の土偶が多く、そのほとんどは首や胴で折れている。この作品も、切れ長の目と直毛に、東洋的な雰囲気がある。 
 
商品番号: HO-050
商品名: 人物の付いた三連壺
価格: Sold

ペルー ・ サリナール文化 ・ 紀元前3世紀 ・ 土器
高16.4cm 前後幅13.8cm

サリナールは、アンデス文明の母チャビン文化と、繁栄を誇ったモチェ文化の間をつなぐ、小さいが独創性のある文化だ。この作品は、ヒョウタンや果実形の壺を3つ連結し、人物の頭部を付けた、非常に複雑な構成を持つ。 
 
商品番号: JE-006
商品名: ハリスコの碗
価格: 40,000円

メキシコ ・ ハリスコ文化 ・ 5世紀 ・ 土器
径13cm 高7cm

メキシコ西部地域出土。ハリスコの碗形土器は、側面から底にかけてさまざまな文様を描く。この作品は、縁に大小の点々、下部に丸に点々を配した、しゃれたデザイン。この地域の発掘品によく見られるが、土中のミネラル分が黒く付着している。 
 
商品番号: B-016
商品名: ネガティブ文様の壺
価格: 50,000円

エクアドル ・ カルチ文化 ・ 紀元前1世紀 ・ 土器
高9.2cm 幅11.6cm

珍しいネガティブ文様という技法。まずロウで文様を描き、その上に黒い顔料を掛けて焼くと、ロウの溶けた部分に地の色がでる。布のろうけつ染めと同じで、深みのある面白い効果を上げる。南米では中国より1000年早く用いられた技術だ。 
 
商品番号: A-079
商品名: カボチャをかたどった壺
価格: Sold

ペルー ・ チャンカイ文化 ・ 12世紀 ・ 土器
高22.5cm 幅12cm

カボチャは中南米原産の農産物のひとつ。古代アンデスの人々は、さまざまな作物を象形土器にして残している。この作品は、筒形の器体の上に褐色のカボチャを乗せ、注口や柄を付けて壺にしている。祭壇に捧げた作物の表現だろうか。 
 
商品番号: T-245
商品名: 鳥文様の碗
価格: 50,000円

エクアドル ・ クアスマル文化 ・ 12世紀 ・ 土器
径14.8cm 高7.5cm

南米エクアドルの土器。内側にぐるりと、図案化された、かわいらしい鳥が描かれている。中南米の古代土器は、一般に平底や丸底のものが多いが、この文化の土器には高台がついている。また、絵付けは内側に施される。 
 
商品番号: N-107
商品名: 波文様の碗
価格: Sold

ペルー ・ ナスカ文化 ・ 5世紀 ・ 土器
径11.3cm 高6.5cm 展示台付

状態の良いナスカの碗。底が丸く縁のやや開いた典型的なきれいな形。文様は波頭か、あるいはジャガーの目か、植物か、定かではないが、白い顔料の曲線が鮮やか。儀礼の際、チチャというトウモロコシの酒を汲んだのだろう。 
 
商品番号: J-232
商品名: インカの尖底壺
価格: Sold

ペルー ・ インカ文化 ・ 15世紀 ・ 土器
高25cm(本体) 27cm(展示台込) 幅21cm

インカの土器を代表する特殊な器形で、「アリバロ」と呼ばれる。細い頸、尖った底、幾何学的文様などの、特徴をもつ。帝国の拡張に伴い広い範囲で作られたが、その最盛期は短かったので、残された完器は意外に少ない。 
商品番号: KC-043
商品名: チャンカイの碗
価格: 25,000円

ペルー ・ チャンカイ文化 ・ 12世紀 ・ 土器
径10.6cm 高5.5cm 縁に古い自然な荒れ

チャンカイの土器のほとんどには、白地に黒(または茶褐色)の文様が描かれている。その素朴なデザインが、この平和な文化の魅力だ。この作品は、内側の縁と中央に、太い線と細い線をさらりと引いている。用途は酒杯だろう。 
 
商品番号: MZ-009
商品名: 人面付きの壺
価格: 70,000円

ペルー ・ チャビン文化 ・ 紀元前6世紀 ・ 土器
高9.3cm 幅12cm

アンデスの母文化といわれるチャビンの、おそらく後期の小ぶりな壺。頸が太く力強いフォルムだ。器体の三方に人の顔がレリーフ状に表現されている。よく研磨されて金属的な光沢をもつ。目立たないが、口縁の荒れを補修してある。 
 
商品番号: XE-006
商品名: パラカスの鉢
価格: Sold

ペルー ・ パラカス文化 ・ 紀元前4世紀 ・ 土器
径21.5cm 高8cm

パラカスはペルー南部のナスカ以前の文化で、北のチャビン文化に並ぶアンデス文明の古層だ。土器は、刻線を伴う加彩(焼成後の彩色)文様に特色がある。この作品は、巧みにデザイン化された鳥に、美しい赤色がよく残っている。
  

 土器  (1) (2)


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法