− 商品紹介/土器 (2) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: K-118
商品名: モチェの土偶
価格: 50,000円

ペルー ・ モチェ文化 ・ 5世紀 ・ 土偶
高11.6cm 幅6.4cm アクリル展示台付

大きく目を見開いた、モチェ文化らしい土偶。帽子をかぶり、大きな耳飾りを付け、襟回りにも装飾を付けている。武器などを持っていないので、おそらく神官だろう。強いまなざしで正面を見据えている。展示台なしでも自立する。 
 
商品番号: N-107
商品名: 波文様の碗
価格: 50,000円

ペルー ・ ナスカ文化 ・ 5世紀 ・ 土器
径11.3cm 高6.5cm 展示台付

状態の良いナスカの碗。底が丸く縁のやや開いた典型的なきれいな形。文様は波頭か、あるいはジャガーの目か、植物か、定かではないが、白い顔料の曲線が鮮やか。儀礼の際、チチャというトウモロコシの酒を汲んだのだろう。 
 
商品番号: KC-035
商品名: 人面の付いた壺
価格: Sold

エクアドル ・ プルア文化 ・ 10世紀 ・ 土器
高21cm(本体) 23cm(展示台込) 幅13cm

マイナーな文化の珍しい土器。エクアドルのプルア文化は、人物をかたどった壺を好んだ。この作品は、尖底の壺の前後に人面を据え、柄が耳になっている。素朴でユーモラスな造形だ。胴に付いた白いものは、古い整理番号ラベル。
 
商品番号: J-232
商品名: インカの尖底壺
価格: Sold

ペルー ・ インカ文化 ・ 15世紀 ・ 土器
高25cm(本体) 27cm(展示台込) 幅21cm

インカの土器を代表する特殊な器形で、「アリバロ」と呼ばれる。細い頸、尖った底、幾何学的文様などの、特徴をもつ。帝国の拡張に伴い広い範囲で作られたが、その最盛期は短かったので、残された完器は意外に少ない。 
商品番号: Q-166
商品名: 二匹のエビの壺
価格: Sold

ペルー ・ シカン文化 ・ 10世紀 ・ 土器
高16.5cm 前後幅16.5cm 部分的に補修あり

丸々と太った二匹のエビが並んだ、珍しい形の壺。細い注口が2本立ち、間に橋が架かっているのは、シカン文化独特の形態。シカンの漁師は、葦舟に乗って豊かな海の幸を捕っていた。豊漁の喜びが伝わってくるような作品だ。 
 
商品番号: MZ-009
商品名: 人面付きの壺
価格: 70,000円

ペルー ・ チャビン文化 ・ 紀元前6世紀 ・ 土器
高9.3cm 幅12cm

アンデスの母文化といわれるチャビンの、おそらく後期の小ぶりな壺。頸が太く力強いフォルムだ。器体の三方に人の顔がレリーフ状に表現されている。よく研磨されて金属的な光沢をもつ。目立たないが、口縁の荒れを補修してある。 
 
商品番号: PC-003
商品名: トラティルコの土偶
価格: 40,000円

メキシコ ・ トラティルコ文化 ・ 紀元前1000年
土偶  高6cm(本体) 9.5cm(展示台込)

メキシコ中央高原の出土。トラティルコ文化は、メキシコ古代史において、最も古い時代に属する。この作品は頭部のみだが、凝った帽子や耳飾りを付けた高貴な人物の造形。裏側に、発掘時のメモ(Tetelpan/1935)がある。 
 
商品番号: KO-012
商品名: マヤの三脚円筒壺
価格: Sold

グアテマラ ・ マヤ文化 ・ 7世紀 ・ 土器
高18cm 径13.7cm

マヤ独特の円筒形の壺。三つの脚部には、刻文による遺跡の壁面のような装飾が施されている。胴部には、もともと文様があったようで、交差する黒い線がうっすらと見える。マヤの石柱を思わせる、すっきりした立姿が美しい。
  
商品番号: B-017
商品名: エクアドルの土器
価格: 40,000円

エクアドル ・ カルチ文化 ・ 紀元前1世紀 ・ 土器
高8cm 幅11cm

南米エクアドルでは、中南米全体で最も古い時代から、土器文化が発展した。この作品も、ネガティブ技法(ろう抜き法)という手の込んだ手法で着色されている。構成的な抽象画のような、しゃれた幾何学文様が美しい。 
 
商品番号: J-093
商品名: ナヤリの大型土偶
価格: 90,000円

メキシコ ・ ナヤリ文化 ・ 5世紀 ・ 土偶
高19cm 幅15cm(本体) 高26cm(展示台込)

メキシコ西部ナヤリ文化の非常に大型の土偶の上半身。鉢巻のような頭帯をして、耳飾りと鼻飾りを付けている。何か言葉を発しているようなやさしい表情。胸が表現されているので、女性だろう。全体は座像だったと思われる。
   
商品番号: J-204
商品名: ティアワナコの杯
価格: Sold

ボリビア ・ ティアワナコ文化 ・ 8世紀 ・ 土器
高16.4cm 口径13.4cm

ボリビアのチチカカ湖沿岸に栄えた、ティアワナコ文化の土器。口の広がった美しい形をしている。側面の黒枠の中に、不思議な構成の幾何学文様が描かれている。このような形の杯を「ケロ」と呼び、トウモロコシの酒を汲んだ。
 
商品番号: LC-024
商品名: トトナカの土偶
価格: 30,000円

メキシコ ・ トトナカ(ベラクルス)文化 ・ 7世紀
土偶  高6.6cm 幅6.3cm 展示台付

メキシコ大西洋岸地域の出土。トトナカの土偶は、他では類を見ない「笑う土偶」として有名である。少し口を開いて歯を見せた表情は、デフォルメがなく自然だ。この作品は、しゃれた形の帽子や大きなイヤリングで飾られている。 
 

 土器  (1) (2)


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法