− 商品紹介/中南米以外 (3) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: HC-070
商品名: 緑釉のペルシャ陶器
価格: 40,000円

イラン ・ 12世紀 ・ 陶器
高8.6cm 胴径9.2cm 口径6.3cm

ふっくらとした器体に、美しい発色の緑釉が掛かった、ペルシャ陶器の壺。イスラム世界では、色彩豊かな陶器は金銀器に代わるものとして製作された。この作品は、表面に釉はげがあり高台に削れがあるが、軟陶のペルシャ陶器としては状態は良い。 
  
商品番号: XD-047
商品名: ヨルダンの小壺
価格: 50,000円

ヨルダン ・ 紀元前1800年 ・ 土器
高8.2cm 柄を含む幅8.2cm

古代ヨルダンの中期青銅器時代には、ろくろ成形の上質な土器が作られるようになる。その中でも最も優美なのは、この作品のように、暗赤色の水平線文様で装飾された器。「チョコレート・オン・ホワイト」という様式名で呼ばれる。
 
商品番号: XD-062
商品名: ローマングラスの香油瓶
価格: Sold

ローマ時代 ・ 1〜3世紀 ・ ガラス製品
高6.5cm

古代ローマ領内から発掘された小さなガラスの瓶。エジプトやシリアに発したガラス生産は、ローマ時代には薄く透明な吹きガラスに発展した。淡い水色のかわいらしい香油入れ。表面には、土中の化学変化による銀化が見られる。
   
商品番号: CB-055
商品名: ガンダーラの仏陀頭部
価格: Sold

ガンダーラ ・ 3〜4世紀 ・ ストゥッコ
高6.5cm(本体) 10.5cm(展示台込)

アフガニスタンのハッダ出土の、ストゥッコ(化粧漆喰)製塑像。ハッダからは様々な形態の人物像が出土する。この作品は、西方風の端正な顔立ちをした仏陀像。アルカイックスマイルを浮かべた、やさしく理知的な表情が魅力的だ。 
  
商品番号: XD-052
商品名: ファイアンス・ビーズのネックレス
価格: Sold

エジプト ・ 末期王朝時代 ・ 紀元前6世紀
ファイアンス製 ・ 周の長さ59cm

古代エジプトでは、ファイアンスの丸玉や管玉を使ったネックレスが古くから作られた。人々を魅了したファイアンスとは、石英の粉を素材とする独特の焼物で、青、緑、茶、黒などの発色が美しい。非常に繊細な装身具だ。 
  
商品番号: M-113
商品名: アナトリアの石偶
価格: Sold

アナトリア ・ 紀元前2500年 ・ 大理石製
高3cm(本体) 4.6cm(展示台込) 幅3.8cm

古代アナトリア(現在のトルコ)や地中海のキクラデス諸島からは、きわめて様式化された大理石の偶像が出土する。この作品は、アナトリアのキリア・タイプと呼ばれるもの。目も口もない造形だが、確かな人の存在を感じさせる。
   
商品番号: P-124
商品名: スペインのタイル
価格: Sold

スペイン ・ 18世紀 ・ 陶製タイル
19.5×19.5p

スペインのかなり大判の色絵タイル。南欧らしい勢いのある筆致と、明るい色彩で、花の文様が描かれている。スペインのタイル技術はイスラムからもたらされたので、やはりエキゾチックなアラベスク(唐草)文様に魅力がある。
   
商品番号: K-017
商品名: 木製の十字架
価格: 15,000円

ブルガリア ・ 18〜19世紀 ・ 木製品
高17.6cm(本体) 19.6cm(展示台込) 片側横木に欠損

東欧ブルガリアの素朴な木の十字架。正教会のものだろうが、全体が人物に見えるような独特の形だ。両面に釘彫りでこれも素朴な文字が刻まれている。キリストの名が記されているらしい。庶民の飾らない信仰の姿が感じられる。 
  
商品番号: DC-188
商品名: コブ牛のピン
価格: Sold

イラン ・ ルリスタン ・ 紀元前1000年 ・ 青銅製品
長さ19.6cm 片方の角に欠損

紀元前2000年頃から、イラン西部の山岳地帯ルリスタンを占拠した騎馬民族は、独特の青銅器文化を発達させた。マントを留めるピンには、動物形象の飾りが付くことがあるが、コブ牛は珍しい。かわいらしい牛は、お守りの意味があったのだろう。 
  
商品番号: JE-056
商品名: 青銅の指輪
価格: 20,000円

イラン ・ 紀元前1000年 ・ 青銅製品
円盤部径2.8cm リング径2cm

イラン北西部のカスピ海沿岸、ギラーン州出土の青銅の指輪。この地域は、同じイランのルリスタンと並んで、青銅製品の生産がさかんだったようだ。同心円上に直線のレリーフが配された美しいデザイン。
商品番号: Y-105
商品名: インダスのコブ牛
価格: 30,000円

インダス文明 ・ 紀元前3000〜2000年 ・ 土偶
高6cm 長さ7.3cm 角の先に欠損

コブ牛は、インダス文明の動物土偶を代表するモチーフだ。古代から現代に至るまで、重要な、そして神聖な家畜である。この作品は、シンプルな造形だが、その表情をよくとらえて、かわいらしい。身近な動物への愛情が感じられる。 
 
商品番号: JB-128
商品名: 土偶の型
価格: Sold

パキスタン ・ 紀元前2〜後3世紀 ・ 土器
高10cm 幅8.5cm

紀元前後のインドやパキスタンでは、土器の型を使った土偶が多く作られた。頭部、身体などのいくつかの型を組み合わせて、全体を成型したのだろう。この作品は、髪飾りを付けた目の大きな女神の顔。非常に珍しく面白い遺物だ。
   

 中南米以外
 (1) (2) (3) 


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法