− 商品紹介/中南米以外 (3) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: OC-163
商品名: 植物文様のコプト織
価格: 15,000円

エジプト ・ 9世紀 ・ 織物
5×15.5cm(本体) 14.5×19.5cm(フレーム)

帯状のコプト織の断片。浮織という技法で、様式化された植物を織りだした、イスラム風のアラベスク(唐草)文様。濃い紺地にベージュの糸を用いているが、一見すると文様が金色に光っているように感じられる。華やかな装束の一部だ。
   
商品番号: XD-051
商品名: ローマ時代の壺
価格: 40,000円

ローマ時代 ・ 1〜3世紀 ・ 土器
高15cm 胴径11.2cm

古代ローマ領内から発掘された素焼きの柄付き壺。小さめの底部からふわりと立ち上がった、ローマらしい洗練されたフォルム。横に張り出した注口の形も、全体を引き締めている。水やワインを入れたのだろう。
   
商品番号: C-049
商品名: ファイアンスのウジャト
価格: Sold

ジプト ・ 末期王朝時代 ・ 紀元前6世紀
ファイアンス製
2×1.7cm(本体) 6×6cm(展示ケース)

「ウジャト」と呼ばれる古代エジプトの小さく繊細なお守り。ホルス神の眼を表しており、完璧な状態または治癒を意味する。素材のファイアンスは、石英の粉末を固めて焼いたもの。この作品は、上部の突き出た部分に紐を通す穴がある。
   
商品番号: H-077
商品名: 馬の印章
価格: Sold

イラン ・ ササン朝ペルシア ・ 3世紀 ・ 石製品
印面を下にして置いたとき 幅1.5cm 高1.2cm

ドーム形に成形し紐を通す穴をうがった小さな石の面に、一頭の馬が精巧に彫られている。カーネリアン(紅玉髄)という深い赤色の美しい石が使われている。このようなスタンプ印章は、商品を紐で縛って封印した粘土の塊(封泥)に押した。
   
商品番号: HC-070
商品名: 緑釉のペルシャ陶器
価格: 40,000円

イラン ・ 12世紀 ・ 陶器
高8.6cm 胴径9.2cm 口径6.3cm

ふっくらとした器体に、美しい発色の緑釉が掛かった、ペルシャ陶器の壺。イスラム世界では、色彩豊かな陶器は金銀器に代わるものとして製作された。この作品は、表面に釉はげがあり高台に削れがあるが、軟陶の器としては状態は良い。 
  
商品番号: XD-047
商品名: ヨルダンの小壺
価格: 50,000円

ヨルダン ・ 紀元前1800年 ・ 土器
高8.2cm 柄を含む幅8.2cm

古代ヨルダンの中期青銅器時代には、ろくろ成形の上質な土器が作られるようになる。その中でも最も優美なのは、この作品のように、暗赤色の水平線文様で装飾された器。「チョコレート・オン・ホワイト」という様式名で呼ばれる。
 
商品番号: R-311
商品名: クシャーナ朝の土偶
価格: Sold

インド北部 ・ クシャーナ朝 ・ 2世紀 ・ 土偶
高6.6cm(本体) 10.2cm(展示台込) 幅6.7cm

イラン系民族によるクシャーナ朝は、1〜3世紀にアフガニスタンからインド北西部にかけてを支配し、東西文化が融合した仏教芸術(ガンダーラ)を生んだ。この作品は、仏教に帰依して厚く保護した、カニシカ王の姿かもしれない。 
  
商品番号: XD-062
商品名: ローマングラスの香油瓶
価格: Sold

ローマ時代 ・ 1〜3世紀 ・ ガラス製品
高6.5cm

古代ローマ領内から発掘された小さなガラスの瓶。エジプトやシリアに発したガラス生産は、ローマ時代には薄く透明な吹きガラスに発展した。淡い水色のかわいらしい香油入れ。表面には、土中の化学変化による銀化が見られる。
   
商品番号: P-124
商品名: スペインのタイル
価格: Sold

スペイン ・ 18世紀 ・ 陶製タイル
19.5×19.5p

スペインのかなり大判の色絵タイル。南欧らしい勢いのある筆致と、明るい色彩で、花の文様が描かれている。スペインのタイル技術はイスラムからもたらされたので、やはりエキゾチックなアラベスク(唐草)文様に魅力がある。
   
商品番号: O-225
商品名: ルリスタンの短剣
価格: 15,000円

イラン ・ ルリスタン ・ 紀元前1000年 ・ 青銅製品
長さ14cm

紀元前2000年頃から、イラン西部の山岳地帯ルリスタンを占拠した騎馬民族は、独特の青銅器文化を発達させた。騎馬民族らしく、馬具や武器の製作に秀でた。尖った刃物は、矢じりの場合も多いが、この作品は形から見て短剣だろう。 
  
商品番号: JE-056
商品名: 青銅の指輪
価格: 20,000円

イラン ・ 紀元前1000年 ・ 青銅製品
円盤部径2.8cm リング径2cm

イラン北西部のカスピ海沿岸、ギラーン州出土の青銅の指輪。この地域は、同じイランのルリスタンと並んで、青銅製品の生産がさかんだったようだ。同心円上に直線のレリーフが配された美しいデザイン。
商品番号: JB-128
商品名: 土偶の型
価格: Sold

パキスタン ・ 紀元前2〜後3世紀 ・ 土器
高10cm 幅8.5cm

紀元前後のインドやパキスタンでは、土器の型を使った土偶が多く作られた。頭部、身体などのいくつかの型を組み合わせて、全体を成型したのだろう。この作品は、髪飾りを付けた目の大きな女神の顔。非常に珍しく面白い遺物だ。
   

 中南米以外
 (1) (2) (3) 


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法